MICHIのカルチャーライフ

資格や教養系、楽器など学びについて情報発信していきます

【初級ピアノソロ ハ調で楽しむクラシック 大人からはじめるピアノにおすすめ】

f:id:michi_natural:20200220190306j:plain
こんにちは、MICHIです。

ピアノで曲を弾いてみたいと思ったことはありますか?
そんな時にぴったりな大人用の楽譜があります。

大人向けのレッスンをはじめて
初心者から初級になる時に私が使っていた楽譜です。

楽譜の読めない初心者歓迎、初心者の大人の為のピアノ教室




ピアノソロ 初級 ハ調で楽しむクラシックおすすめのポイント

1.やさしい音楽の決まりごと、演奏のための指づかい

曲の前に、鍵盤と五線が書かれています。

鍵盤には白い鍵盤と黒い鍵盤があり、黒い鍵盤には、2つ並んでいるところと
3つずつで並んでいるところがあります。
2つずつで並んでいる鍵盤の、左隣にある白い鍵盤が「ド」の音です。

きちんと説明があります。
もちろん、鍵盤の絵があり、そこにドレミが書いてあります。

黒鍵にも、♯ラ=♭シ、ド♯=レ♭ のように
全ての黒鍵の絵に書かれているので
わからなくなったら、ここを見ればOKです。

両手の指のイラストにそれぞれ番号がついています。

指こえ、指くぐり、指よせ についてもイラストと楽譜で
詳しい説明があります。

楽譜の中で、この指づかいが出てきたときに★印が付いているので
注意して弾くことがわかります。

2.弾き始めの音とポジション

f:id:michi_natural:20200220192857j:plain

最初に、左手と右手をどの場所におけばいいか、
鍵盤の場所に指番号が書いてあります。

ここまで書いてある楽譜はなかなかありません!

これはとても親切な楽譜だと思いました。

3.演奏のポイント

曲の初めにどのように弾いたらいいかがわかります。
ただ弾くだけではなく、どこで強弱をつけるかや音量についても
知ることで、メリハリをつけることができます。

と言っても、左手と右手、二段の楽譜を見ながら同時に動かすのは
大変なんですよね。

左と右でリズムが違ったり、伸ばす拍数も違ったり
ややこしいので、強弱などの表現まで最初は余裕がありません。

4.聴いた事のある有名なクラシックが25曲

なじみのある曲なので、リズムがとりやすいです。
クラシックは癒し効果もありましたよ。

まとめ

最初にも書きましたが
私は、大人のピアノサロンのレッスンに使用していました。
そこで、まず予習して、自分なりに練習して
次のレッスンでは先生の前で弾きます。
リズムや音の長さなど指導してもらい、
今度は復習します。

この予習の時に指のポジションがとても役に立ちました。
指番号が全て書かれているところもわかりやすいです。


ピアノソロ ハ調で楽しむ クラシック ヤマハミュージックメディア



Beeミュージックスクールの【ピアノスクール】無料レッスン体験募集