MICHIのカルチャーライフ

資格や教養系、楽器など学びについて情報発信していきます

【サラッとした光沢のあるリネンの長襦袢なら、絽の着物にも合いそう】




6月に、ポリ素材の洗える長襦袢を着たら

とてもムレてしまったので、なんとしても通気性のある素材じゃなきゃ!

と思うようになった私。


絽の着物を着るためには、同じ素材の絽の長襦袢がいいと
化繊の洗える長襦袢は持っています。


駒絽の透けて見える薄い着物はポリエステル。

ポリにポリでいい感じ

そう思っていたのですが。

やっぱり涼しいと言われる、麻が気になります。

半襦袢など二部式のものは、着物の下の線が見えてしまうとのことで
一部式がいいということでした。

本麻は涼しいとのことですが、ゴワゴワしていて、絽の着物となじまない素材かな?と思いましたが、麻でもリネンならサラッとしているし、どうかな?と試しに買ってみることにしました。

※この商品のレビュー数が多かったのも、購入の決め手になりました。


生地感は、フレンチリネンの生成りのシャツとまったく同じ。

色合いも生成りでナチュラルな感じです。

ほんとにサラッとしています。

長襦袢なのに、フレンチリネンのシャツを羽織っているような気持ち。

麻の半衿がついているけれど、
絽の着物には、絽の半衿にしようかなと思います。
夏着物の時期が終わって、まだ暑い時には、塩瀬の半衿にしたり
そうすれば、もう少し長く着れます。



画像にもあるように、衣紋抜きがありません


だから、絽の仕立て衿を長襦袢にかぶせて着ようかなと考えていました。

でも、駒絽の着物は透けて見えます・・・・


できれば衣紋抜きをつけずに、長襦袢を着れるようにしたいですね。